女性

自然に見えるバストアップ施術方法|口コミを参考に人気の施設探し

3種類の脂肪注入法

白い下着の女性

バストアップをするための施術方法には数多くの美容整形がありますが、脂肪注入法が代表的なものとしてあります。脂肪注入法の中でも種類がありますが、コンデンスリッチ法は非常に高い人気があります。このバストアップ整形の特徴は取り出した脂肪の定着率が極めて高い点にあります。定着率は80%から90%程度と非常に高いです。それでは、この治療にかかる時間はどれくらいかというと、約2時間から3時間程度です。意外に思われるかもしれませんが、非常に短いです。また、この施術の相場価格としては1200000円程度です。高額の理由は2つの美容整形を行っているからです。すなわち、脂肪吸引と脂肪注入です。脂肪を注入するのは自分の脂肪なので、注入の前には吸引手術を受けます。取り出した後は不純物が混じらないように除去処理をきちんとします。そうした処理を終えてから注入します。この施術の注意点としては、バストデザインをしっかりと医師と相談することです。脂肪注入に偏りがあるとしこりが生まれる可能性があるからです。

脂肪注入法はコンデンスリッチ法以外にもあります。PRP脂肪注入法があります。これは2カップまでバストアップすることが可能です。2カップ上がるのできちんと谷間を作ることができますし、脂肪を使用しているので、リアルな胸を実現することができます。相場価格としては800000円程度です。コンデンスリッチ法よりも安価です。もちろん、オプションなどがつくともっと高くなります。脂肪定着率も80%前後と高く安全性も考慮されています。また、ピュアグラフト法というバストアップ整形もあります。脂肪注入法の1種ですが、コンデンスリッチと同じように、脂肪の定着率が高いです。また、しこりなどの副作用が全くありません。そもそもしこりが生まれるのは注入した脂肪に不純物が含まれているからです。この不純物の除去処理が非常に優れているのがこのピュアグラフト法の特徴です。注意点としては、コンデンスリッチ法もそうですが、注入する脂肪量には上限があることです。いずれも250ccですので、無制限にバストアップすることができるわけではありません。