女性

自然に見えるバストアップ施術方法|口コミを参考に人気の施設探し

美しい胸を形成する

バストを測る女の人

バストアップのための整形手術はいろいろなものがあります。バストアップは胸を大きくすることですが、その方法にはいろいろなものがあります。シリコンバッグを挿入する方法もありますし、ヒアルロン酸や脂肪を注入する方法もあります。これらの中でも脂肪注入法が女性に高い人気があります。脂肪注入法は自分自身の脂肪を使用するので安全性において信頼性が高いです。また、自分の身体の部位で脂肪が多いところを脂肪吸引で取り出すことができます。こうしたことから、ヒアルロン酸やシリコンバッグ挿入よりも人気が高いです。この脂肪注入法にはコンデンスリッチ法と脂肪幹細胞注入法の2つがあります。その相違点は脂肪の定着率に違いがあります。脂肪幹細胞注入法は脂肪の定着率は高いですが、肝細胞を抽出するのに使用される脂肪は吸引した脂肪の半分程度しかありません。それに対して、コンデンスリッチ法は90%程度の脂肪を使用します。定着率が極めて高いのがこの施術方法の最も大きな特徴と言えます。

脂肪注入法の良い点は自身の脂肪を使っているので、施術後は非常に高い再現性があります。本当のバストのように感じられるのでリアル感があります。豊胸手術の目的はただバストアップするだけではありません。その手触りが本物と同じように感じられることや見た目のリアルさが非常に大切なのです。それでは、この施術にはどのくらい時間がかかるのかというと、コンデンスリッチ法と脂肪幹細胞注入において大きな違いがあります。前者のコンデンスリッチでは2時間から3時間程度ですみます。一方、後者の脂肪幹細胞注入は6時間程度かかります。こうした脂肪注入法はそれまで主流であったシリコンバッグ挿入法と取って代わることができました。もちろん、シリコンバッグは時間が非常に短時間でバストアップできるので、その手軽さにおいては優位性がありますが、アレルギー反応などの安全性においては脂肪注入法の方が優れています。バストアップの施術にはいろいろなものが登場しているので、自分に合っているものを選ぶと良いでしょう。