女性

自然に見えるバストアップ施術方法|口コミを参考に人気の施設探し

2種類の脂肪注入法

豊胸

バストアップのための美容整形には脂肪注入法が人気が高いです。脂肪注入法の中でもコンデンスリッチ法を選択する女性が多いのですが、これには理由があります。それというのも、コンデンスリッチ法はもっともリアルなバストを再現することができるからです。もちろん、他の脂肪注入法も本物のバストのような形であり、感触を再現させることができます。しかしながら、それらの中でも、この点については、他の追随を許さないのがコンデンスリッチ法です。それはただ単に脂肪を吸引して注入しているわけではないからです。吸引した脂肪を若々しい脂肪と老化した脂肪とに分離するプロセスを必ず設けているからです。この分離作業によって老化した脂肪はその圧力に負けてしまい本体の脂肪からどんどん分離されていくのです。そうして、残った脂肪が若々しい細胞を持つ脂肪だけになります。老化した脂肪は処分して、若い脂肪をバストに注入するというのが、この整形手術です。そのようなプロセスを経ることでリアルなバストを実現することができるわけです。

脂肪注入法にはピュアグラフトという整形手術もあります。これもバストアップのための手術なのですが、不純物を確実に取り除くことに力点が置かれています。まず、脂肪を吸引した後に、その脂肪を特定の密閉された袋に入れて洗浄液でしっかりと洗います。麻酔薬も当然ながら不純物の1種なので、ここで洗い落とした後に、脂肪を注入します。これによって脂肪に不純物が混ざらないようにします。もし不純物が混ざった状態の脂肪がバストに入ってしまうと、しこりとなって現れてきます。これがピュアグラフトというバストアップのための美容整形です。コンデンスリッチとピュアグラフトに共通していることがあります。それはどちらも脂肪の注入量に上限があることです。バストアップしたいからといっていくらでも脂肪を注入してしまうのは身体に負担になります。そのため、両者ともに250ccまでしか注入しないことになっています。もちろん、時間が経過したあとには脂肪注入は可能なので、大幅なバストアップは可能です。